田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
喝!
昨日、夕方より静岡駅の地下でネタをやろうと思って行ったのですが、始めての土地で果たして自分が受け入れてもらえるのか?と言う不安と、あまりの人の多さに完全にビビッテしまい 駅の回りをウロウロしていました。何度かネタをやろうと決意して地下に行くのですが、いざ 地下に行くと、“ネタをやろうとする”→“人が全然止まってくれない”→“少ない人の前でやる”→“スベる”→“最後までみてもらえない”のマイナス連想ゲームが始まり、“結局地下から離れる”を繰り返していました。その結果、静岡駅でネタをやるのを諦め次の目的地に
向かうことにしました。そして、歩いているうちに この旅でお世話になった人や応援してくださっている人のことを考えていたら、段々自分が情けなくなってきて「これでいいのか?」の思いが強くなっていきました。そして、ひとまず近くの公園で色々考えた結果、明日もう一度駅に行って一回でいいからネタをやることに決めました。
やがて朝になり昨日思っていたマイナスの連想ゲームと今だ戦いながら荷物をまとめていると、一人のおとうさんが「旅ですか?」と声をかけて下さいました。僕は心の中が不安で一杯だったので、それを忘れたくてそのお父さんと話し始めました。すると、そのお父さんが「私もサラリーマンを長くやっていて、色々な人達を見てきたけど出世する奴は、どんなに追い込まれても絶対に逃げないね!」と云われ、更に「なんでも、最初から全員に受け入れられようと思っても無理だね。最初は少しでもそれを根気よく続けて頑張っていると、それを絶対見ていてくれる人がいて応援してくれるんだよ!」と、昨日の僕を見ていたかのような話をして下さったので僕は“ドキッ!”とすると 供に鳥肌が立ちました。昨日、僕は完全にビビッテ逃げ出そうとし、今日だって不安だったので また、逃げ出したかもしれません。そんなダメな僕にこのお父さんは“喝!”を入れてくれました。お陰で何かがフッキレたような気がしました。これだけでも大感謝なのに、なんと三千円も旅資金を協力して頂き朝ご飯までご馳走になってしまいました。その後、駅に向かいネタをやりましたが、昨日みたいに駅周辺をウロウロすることなく、すぐにネタを始め、合計¥5051も協力して頂きました。
何か一つ自信が付いた気がします。本当にありがとうございました。
050430_0930~01.jpg

スポンサーサイト
2005/04/30(土) 09:30:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
プロジェクトX
夜遅く静岡駅に到着しました。近くの大きな公園で野宿しようと荷物を解いていると、そこに自転車で現れたご老人が「こんなところで寝ちゃったら、荷物全部持ってかれちゃうよ。」と教えてくれました。どう言うことか訪ねてみると、ここの公園は達の悪いホームレス方が多いらしく僕のような旅をしている人間の荷物を狙ってくるそうです。更に、この公園はホモの皆さんがよくご利用されてるそうで、「若い男が一人で寝てたら襲われるぞ!」と言う情報も教えてくれました。あぶなく荷物がなくなるか、もしくは旅から帰ったら皆さんがびっくりするような、お姉キャラになっていたかもしれませんでした。そんな話をキッカケにそのご老人と話始めて色々聞いていると、このご老人50年間土木建築の仕事一本でこられたらしく、なんと、あの黒部ダムの建築に行ってたそうです。本物のプロジェクトXでもやっていましたが、その現場で実際に働いていた方の話はとてもリアルで、現場に行くのにゴンドラに乗って100M位の高さを強風に吹かれながら400M移動したり、または地元のガイドさんが先導してその人の足跡に沿って歩かないと一気に崖下に落ちてしまうような現場にもいったそうです。現場まで行くのが、毎日命がけだったそうです。その後は、東海道新幹線の建築にも行かれていて ここでは、コンクリートでできたひとつ230Kgある枕木を四人で運び、並べていく仕事をされたそうです。とにかく、どの話も興味深くて気付けば2時間も経っていました。そのことに、ご老人も気付き、「そろそろ帰るは、」といって、来た時と同じように自転車で去っていきました。その後ろ姿を見ながら僕の頭の中で、中島みゆきさんの曲が当然のように流れていました。そして、僕は「楽しい時間だったなぁ?」とご老人に感謝しつつ寝袋に入りました。

ヤバ!忘れてた!
ここで寝たらお姉キャラにさせられちゃうんだった!
寝床探さなくちゃ!
2005/04/28(木) 01:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
嫌な記憶が!
久々ぶりの布団での睡眠に熟睡し 起きてみるとお昼前になっていました。すでに 皆さん自主保育で公園に行かれいて家には誰もいませんでしが、嬉しいことに ちゃんと僕の朝御飯がよういされていてるではないですか。こちらのご夫婦の気遣いに感謝し美味しい朝御飯をいただきました。そして、荷造りをして皆さんのいる公園へ行って自主保育に参加されているお母さん達にネタを見ていただくことにしました。が!このシチュエーションに嫌な予感が!そう、以前某宗教団体の教会で恩返しに失敗してドンズベリしたときと非常に似てるではないですか!もしかしたら、また今日も?の不安をいただきつつもネタをスタート。すると、今回はそれなりのでき途中こちらの皆さんとは関係のないオバチャンが僕ではなく、ネタの絵の写真ばかりを撮っていたり、落ちを先に言おうとしたりと、多少大変でしたが最後は皆さんから旅の資金の協力までしていただきました。本当にありがとう ございます。それと、道中食べれるように頂いたおむすび、とってもおいしかったです。みっきーさんありがとうございました。

050426_1143~01.jpg

2005/04/26(火) 16:56:07| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
新たな出会いと秘密作戦
只今、静岡県富士市まできています。昨日の夜中に富士市に到着し公園で野宿をし、朝起きて荷物の整理をしていると背の高い、どことなく僕がいつも一緒に野球をやらせてもらっている、「つぶやきシローさん」に似た感じの男性が僕に話し掛けてくださり、少しお話をしました。すると、この男性“ゆめ・まち・ねっと”というNPO法人の代表をなさっている方でした。“ゆめ・まち・ねっと”とは、どういう活動をしているのかと言うと、プレーパークという冒険遊び場作りの活動や放課後の子供達の居場所づくりなどを中心に、富士地域での町づくりに取り組んでいるそうで、その話に興味を引かれ話こんでいると、代表から「後で遊びにきてよ。」の嬉しいお言葉を頂き、ずうずうしくも代表の渡部さん宅にお邪魔することにしました。すると、そこにはここでやっている自主保育という、親子で仲間達と一緒に子供の成長に大切な幼児期の短い時間を大切に過ごし、幼稚園や保育園に任せっきりにしない幼児保育に参加されているお母さん達がいて、自分がお笑いをやっていることを話し、色々最近の若手お笑いについての意見を聞いていました。すると、びっくり!我が事務所の仲間で僕と同じ画用紙を使ったネタをしている“きくりん”の知名度の高いこと高いこと!同じ事務所で、しかも同じめくりネタをやっている“きくりん”のことを知って下さっていることに僕も嬉しくなり、普段のきくりんはアイドルオタクでほとんどのグラビアアイドルのB・W・Hを知っていて、夢はB級アイドルと結婚することで、いまだに童貞であることなど、少し話を膨らませたきくりんのプライベートの話をさせてもらいました。すると、なぜか僕の話が終わった後、皆きくりんに引いてしまっているではないですか!それどころか、きくりん人気が急降下してしまっていました。その後、僕の“キクリン好感度下げ作戦”が一段落着いたところで、こちらのご家族とプレーリーダーの通称ライオンさんに近くの駅まで車で連れて行っていただきライブをさせてもらうことにしました。そして、駅前でライブを始めるとこの方達が本当にいい方達で、見学のサクラになってくれたり、人を集めてくれたり、更に旅資金の協力までして頂きました。その後、家に戻り晩御飯をご馳走になり代表と奥さんの三人で夜中まで色々な話で盛り上がりとても楽しい時間を過させて頂き、結局お泊まりまでさせてもらうことにしてしまいました。今日は久々の布団でゆっくり眠れそうです。本当にありがとうございます。
2005/04/25(月) 00:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
遂にこの時が!
昨夜は沼津の健康ランドに泊まりました。今まであまりこういう施設を利用したことがなかったので行ってみて館内の充実ぶりに本当びっくり!何種類もある温泉にゲームセンター、無料で使えるインターネットコーナー、更にリラクゼーションルームにはゆったりくつろげるソファーに一つづつTVが付いていて民放は勿論、スポーツや映画チャンネルまであって、ちょうどインファナル・ア・フェアーの1をやっていたので全部観てしまい、他の施設も満喫してしまったため気付けば朝の五時、ゆっくりするつもりがあまりの楽しさに今日もまた、眠れませんでした。そして、朝9時次なる目的地富士市に向けて出発!と元気良く歩き出そうと10Mほど進んだところで「ギャー!」神奈川県に突入した時にいだいた不安が現実に。なんと!ここまで、一緒に旅を共にしてきたキャリーバックのキャスターの一つが縦に真二つに破れてしまいました。やはり、このキャリーバックは旅行用といっても鹿児島まで歩いて旅行する用にはできてなかったようで、どうやら東京から静岡の沼津まで歩いて旅する用にできてたみたいです。でも、考えてみればこの小さなキャスターでよくここまでもってくれたもんです。もし、昨日箱根峠でこうなっていたら、とてもじゃないけど超えられなかったでしょう。そう思うと、まるでこのキャスターに意志があるように感じられ、僕の気持ちに答えコイツも必死に峠を超え力尽きて息絶えたように思えてきて、思わず「今まで重い荷物を運んでくれてありがとう。これからは天国であまり移動することのないサビレタ喫茶店の看板のキャスターになってゆっくりしておくれ。」と、周りの目など気にすることなく手を合わせてしまいました。しかし、僕にはいつまでも友の死に涙している時間はありません。「この死を無駄にしないためにも前に進まなければ!」そう考え、やむなく二代目のキャスターを購入。すると、この二代目値段も安いし、なにより荷物を運ぶのが初代に比べて楽チン楽チン!なんだよ!最初からこれにすれば良かった?!これだったら箱根峠も凄い楽だったし、あんなに大変な思いしなくて済んだのに!やっぱ、最初のキャリーバック買たの大失敗だったわ?!あっ!初代キャスターごめんね。君の活躍は忘れないよ!では、旅が楽になったので富士市に向けていざ出発!050425_1024~01.jpg

050425_1024~02.jpg

2005/04/24(日) 00:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
いよいよ箱根越え!
さぁ?いよいよ難所中の難所箱根峠超えのスタートです。昨夜はあまりの寒さに結局ほとんど寝れませんでしたが、それでも気が張っているせいか体調は悪くないので今日一日で箱根峠を超え三島まで行けたら、三島で健康ランドでゆっくりするのを楽しみにAM5:00 明るくなるのを待ってスタートしました。「ある程度大変だろうと」予測していたのですが、箱根峠の凄さは僕の予測をはるかに超える急勾配の連続で、しかも登り坂のため荷物の重さがいつもの何倍にも感じ、更にちゃんとした歩道がないためすぐ横を車がもうスピードで走り抜けていくので後ろを気にしながら少し進んでは休みを繰り返しながら少しづつ進んでいき、カーブを曲がる度に「この先は平でありますように」と願うのですが、これも結局一度も叶なわず心の中で「また、登りかい!」とず?と突っ込んでいました。一つ変なのが辛くなってくると無意識にドンキーの歌を口ずさんでいるのが自分でも不思議でしょうがありませんでした。そして、歩きに歩くこと6時間ようやく芦ノ湖に到着!ここまで頑張ったご褒美か僕の大好きな富士さんがとっても綺麗に見えて感激したのですがここは、まだ頂上ではないのでもう少し登らないといけないことでした。そして、箱根湯本を出発してから坂道を重い荷物を引っ張りながら登り続けること8時間やっと頂上に到着!と、同時に二つ目の県である静岡県に突入しました。ここまで本当にキツカッタです自分でも本当によくこれたと思うほどでした。後は下りだけなのでいざ健康ランド目指して足取り軽く進んでいると、この下りが気持ちいい?気持ちいい!一つのことを成し遂げた達成感と箱根の山を制した征服感で「この下りは、箱根峠に勝った者だけが味わえるビクトリーロードだ!」と一人でテンションが上がっていたのですが、このビクトリーロード長い、長い!結局16KMもありやがって最後は結局死のロードとなって、気付けばドンキーの歌を口ずさんでいました。そして、やっと三島に到着!しかし、ここで三島には健康ランドがなく沼津まで行かないといけない事が判明!ざっと12KMの追加歩行になるのですが、でも今日の僕の健康ランドに行きたいパワーは自分でもびっくりするくらい凄くペースダウンするどころか、むしろペースアップし無事夜の8時、湯本を出発してから16時間後無事沼津の健康ランドに到着しました。今日は、とにかくここでゆっくりします。050423_1249~01.jpg

050423_1022~01.jpg

050423_1008~01.jpg

2005/04/23(土) 12:49:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
完全復活!
体もずいぶん楽になり昨日スベッタことからも立ち直り、心身ともに完全復活させてもらったので出発することにしました。子供達はすでに学校に行ってしまったのでいませんがご主人が見送ってくれ、更に昨日スベッタにも関わらずご祝儀までいただいてしまいました。本当に沢山お世話になってしまい、ありがとうございました。いつか、改めて遊びに来たいと思います。その時は、車か電車で!そして、旅の方は取り合えす小田原でネタやろうと思って向かったのですが、小田原の駅が工事中でネタをやれそうな場所がないため先を急ぐことにし、いよいよ迫った箱根超えに備えて峠の麓にあたる湯本まで行って野宿し朝一で箱根峠超えをスタートすることにしました。そして、今PM23:30箱根湯本にいますが、ハンパなく寒いです。今までで一番の寒さでとてもじゃないけど寝れません。こんなんで明日箱根超えが出来るのでしょうか?相当不安です。それと一つ気になるのが途中で地元のおじさんに箱根の山を一日で超えられるか訪ねたら。「行けるけど、野犬に気を付けな。」と、サラリと言われました。ちなみに、僕は大の犬キライなんですけど明日は無事に箱根峠を超えられるのでしょうか?050422_0906~01.jpg

2005/04/22(金) 09:06:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
恩返しは難しい
今日は昨日の疲れが相当あったらしく起きたら昼前になっていました。どうやら、僕が疲れていることを考えてくれ皆さん起こさないでくれたようでした。そして、僕が起きてボ?としていると しばらくしてご主人が来て「洗濯ものあるなら洗濯機使って洗っちゃいな。」と嬉しいお言葉を頂き、洗濯までさせてもらいました。その後、「今夜、ネタやってくれない?」と、ご主人に言われたので僕も何か恩返しがしたかったので喜んでネタをやらせてもらうことにしました。夜になり広い部屋に子供たち11人や信者さんのおじいさんやおばあさん、そして こちらの会長さんまで総勢30名ほどが楽しそうに集まってくれました。僕も、ちゃんと恩返しがしたかったので皆さんに笑ってもらって、それが恩返しになれば最高だと思い気合いを入れてネタをやることにしました。そして、ライブが始まったのですが田代32やってしまいました。なんと、見事などんズベリ!恩を仇で返す形になってしまいました。その後、ご主人の「ここの皆はテレビを観ないからお笑いのネタに馴れてないんだよね。」のやさしい言葉に、申し訳なくて死にたくなりました。
普通この流れなら大爆笑とって皆に「ありがとう」とか言われるはずなのに。本当に情けなかったです。添付した写真はライブ後に庭でバーベキューをやってもらったときに撮ったものです。ちっちゃい子供達は夜遅くなってたので、大きい子供達とご主人の奥さまです。よく考えたら昨日のこの時間は、心身ともに疲れ果て最悪の状態だったのに、今ではネタがスベッタダメージを除けば心身共に完全に復活していて嘘のようです。本当にこのご家族にはこんなに元気にしてもらい、旅を続ける気力をもらい、助けられてばかりでした。そして、こうしていると昨日来た気が全くしなくて、もう何年も前から知ってるような錯覚になってとても楽しかったです。本当に心から感謝したいと思います。それと、昨日ここえ来る前に自分の無知から大変失礼な不安を抱いたことを深く反省したいと思います。
050421_2127~01.jpg
2005/04/21(木) 23:30:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
地獄に仏
只今、神奈川県の小田原からおよそ5Kmほど手前の国府津というところまできました。今日は、朝からず?と雨が降っていて移動するべきか?ジッとしているべきか?悩んだ結果、ジッとしていると寒くて死にそうになるので移動することにしましたが、この判断が大きな判断ミスで 雨の中の移動は予想以上にきつく、あっという間に体力を奪われ、途中雨をしのげる場所を見つけて休憩をしていても、体がズブ濡れのため寒くてジッとしてられず、とにかく疲れていようが、なんであろうが、歩くしかない状況になってしまいました。
そして、夜になり歩くことも限界になったので今日の野宿する場所を探しましたが、なかなか見つからず途方にくれ歩いていた時、「某宗教団体の教会」の文字が目に止まりました。「もしかして、ここなら雨だけでもしのげる場所を貸してくれるかも」と、「今まで宗教信など一度も持ったこともないし、この某宗教団体事態どういうものなのか判らない
し、必要な入信の誘いや修行の誘い、なによりここから出られなくなったらどうしよう。」など様々な不安があったが、少しでも休みたいのと「困った時だけの神頼み」という最底の考えで、ダメ元で頼んでみることにしました。すると、なんと心良く受け入れてくれたのでした。しかも、災害などがあった時に近所の方々に炊き出しが出来るようにと皆で造ったという、とても素人が造ったとは思えない立派な峠のお茶屋風の素敵な部屋まで提供して頂き、更に何も今日口にしてなかった僕にカレーライスまで用意してくれました。更に驚いたのがここのお宅この少子化の時代になんと11人兄弟という大家族で、子供達が次から次から出てくる出てくる、今までテレビでしか見たことのないドタバタぶりを生で体験することができました。その後、シャワーを浴びさせてもらい「疲れたでしょう。ここでゆっくり休みな。」のお言葉に甘え、さきほどの部屋で休ませて貰うことにしました。どうやらこちらの「某宗教団体の教会」では、国道に面していることもありたまに僕のような人が突然訪れて来ることがあるらしく、この教会では教えを忠実に実施するためそういった人達を拒むことなく受け入れているそうです。宗教のことに関しては、無学なので良く分かりませんが、こちらのご家族の方の心の広さと気配りと、人を思う心に「本当すげぇ?なぁ?」と、思いました。ただご主人のダジャレ攻撃を除いては、、、
2005/04/20(水) 23:15:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
アドバイス?
歩きに歩いて平塚に到着、早速、駅前にて路上ライブをおこない平塚の方々から¥1324の協力をして頂きました。そして、路上ライブ終了後60代位の身なりの綺麗な、おかあさんが話かけてくれました。何かと思ったら、そのお母さんがおっしゃるには、「今高齢化社会がどんどん進んでいて、年寄りがどんどん増えていっている。にも関わらず政治家は皆、自分の私利私欲のためにしか仕事をしようとしていない。
このままではいつかこの国は破綻をしてしまう。そのへんを上手く笑いに変えたネタなんかいいんじゃない。」と、ネタのアドバイスをしてくれました。でも、お母さん。せっかくアドバイスしてもらったのに大変申し訳ないですが、僕にはそんな重たいテーマでネタ作れません!しかも「そのへんを上手くネタにして・・・」ってどう上手くネタにすればいいのか解らないし!取り合えず今回は却下させていただきます。ごめんなさい。

平塚で協力していだいた皆さん。本当にありがとうございました。
そして、アドバイスをくれたお母さん。またなんかアドバイスあったら、BBSにでも書き込んで下さい。ただし今度は、軽いテーマでお願いします。050419_2111~01.jpg

2005/04/19(火) 21:11:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
決定的瞬間目撃!その2
次にネタを見てもらったのが、これから飲みに行くという、写真の三人組でした。とても元気で明るい三人組で、「戸塚はいい人ばっかりなんだから。」と自慢げに話すので地元の人なんだろうと思って話ていたら聞いてびっくり!三人とも戸塚の人でないことが発覚!じゃ?さっきの戸塚自慢は、なにを根拠に言ってたのか!意味の分からない自慢をしてくる三人組でしたが、とっても楽しい人達でした。
そして、この二組から合計¥500の協力をいただいたので何か食べようと思い移動するとびっくり!なんとさっきの超純朴高校生カップルがチュ!チュ!接吻をしているではないですか!
えっ???????!僕が彼等から目をはなした十分程の間にいったい何があったのか?どんな流れであの純朴カップルがこういう事になったのか?とにかく気になる事は山ほどあるが、見て見ぬ振りをしつつその場を後にしました。しばらくして 考えたら「この経験は一人の少年が一歩大人の階段を登った決定的瞬間を目撃したんだなぁ?!」と一人で感慨に浸ってました。もし、僕のネタが彼等らのファーストキスの何かのキッカケになってたら、何か嬉しいのにのなぁ?。
そんな訳ないか!
050417_2018~01.jpg

2005/04/17(日) 20:18:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
決定的瞬間目撃!その1
昨夜は横浜港みらい21地区のランドマークタワー付近で野宿をしようと試みるも、あまりの寒さに結局一睡もできず昼すぎに次なる目的地戸塚へ向け出発することにしました。
六時間程歩いて夜の七時半頃戸塚駅に到着。所持金も0円だったので駅前でネタをしようと行ってみると、びっくり!まだ夜の七時半だというのにお正月の商店街バリに人が殆んどいないではないですか。そこで、人を集めてネタをやるのを諦めネタを見てくれそうな人に声を掛けて個別にネタを見てもらう事にしました。
まず、最初にネタを見てもらったのが 高校生のカップルで、彼氏の方はガタイがいい体育会系で笑顔がとっても素敵な「ザ・後輩」と言った感じで、彼女の方はおとなしそうなとってもかわいらしい感じの今や国宝となりつつある超純朴高校生カップルでした。また、この二人が話をしてみると世界遺産バリの ウイウイ しい超純朴カップルで、ネタを見てもらった後に彼女の方と僕が握手をすると彼氏が突然「何してるんですか!僕もまださわったことないのに!」と、羨ましそうな目で僕を見ながらの宇宙遺産バリの発言をする超純朴振りに思わず感動してしまいました。050417_2000~01.jpg

2005/04/17(日) 20:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
最初の県に突入!
神宮球場を出発してから、6時間50分後の04:04分、無事ひとつ目の県である神奈川県に突入しました。間、休暇をとりつつ無理しないようにゆっくり歩いてきたので凄い時間が掛ってしまいました。ここまでで気付いたことは、以外にネタを入れているケースが重たくて、イライラすることです。
最初に足にくると思っていたのに、先に腕がパンパンになって
きました。しかし、唯一の収入源であるため捨てる訳にもいかないし、問題第一号の発生です。
それと、もう一つ気付いたことがあって、それは、荷物を入れているキャリーバックは旅行用だけど、ちゃんと鹿児島まで歩いて旅行する人用にも対応して、丈夫にできているのかどうか?と、言うことで、もしキャスターでも壊れようがものなら、ネタのケースなど話にならない重さがあるので、短期間で腕だけケンシローになれる自信があるので、とても恐いです。
でも、多分大丈夫でしょう。
ドンキーで三千円も出した高級品だし、所々ちゃんと硬いし、なにより僕ドンキーよく利用しているお得意様だから。大丈夫、大丈夫。
頼むぞキャスター!
腕だけケンシローなりたくないよ?050416_0404~01.jpg

2005/04/16(土) 04:04:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
本当にいざ出発!
ただ今、21:15分。
試合終了直後の神宮球場前です。
今から一路、鹿児島県の最南端、佐多岬まで路上ライブをしながら歩いて行く旅に出発しようと思います。この旅で、お笑い芸人としてパワーアップできるよう頑張ってきたいと思います。その過程を出来る限りこの場所で皆さんに報告したいと思いますので、暇なときでも覗いてみてください。

それから、唯一出発を見送ってくれた龍勝君!
「いざって時に使って下さい」って、渡してくれた袋、中身確認しました。龍勝君は本当に仲間思いだね。感動したよ、ありがとう。ただ、この旅で「しょうゆ」が、どうしても必要になることってあるのかな??
でも、あるのかな?
それでは、そろそろ本当に出発します。
行ってきま?す!050415_2115~01.jpg

2005/04/15(金) 21:15:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
いよいよ出発!
の前に!
神宮球場にヤクルト対巨人戦を観に行ってきました。
これは、決して旅に出発するのをためらっている訳ではないですからね!単独ライブをネタづくりから手伝ってくれた事務所の仲間の龍勝君に、そのお礼のために行っただけで、僕個人としては一刻も早く旅に出たくてしょうがないんですけどね!
試合の方はローズ選手、小久保選手のホームラン、そして僕の大好きな清原選手の逆転スリーランでジャイアンツが見事勝利した、とても素晴らしい試合で大興奮でした。
あくまでも、龍勝君のお礼のために行った試合ですけど。
と、言うことで!
050415_2109~01.jpg

2005/04/15(金) 21:09:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。