田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プロジェクトX
夜遅く静岡駅に到着しました。近くの大きな公園で野宿しようと荷物を解いていると、そこに自転車で現れたご老人が「こんなところで寝ちゃったら、荷物全部持ってかれちゃうよ。」と教えてくれました。どう言うことか訪ねてみると、ここの公園は達の悪いホームレス方が多いらしく僕のような旅をしている人間の荷物を狙ってくるそうです。更に、この公園はホモの皆さんがよくご利用されてるそうで、「若い男が一人で寝てたら襲われるぞ!」と言う情報も教えてくれました。あぶなく荷物がなくなるか、もしくは旅から帰ったら皆さんがびっくりするような、お姉キャラになっていたかもしれませんでした。そんな話をキッカケにそのご老人と話始めて色々聞いていると、このご老人50年間土木建築の仕事一本でこられたらしく、なんと、あの黒部ダムの建築に行ってたそうです。本物のプロジェクトXでもやっていましたが、その現場で実際に働いていた方の話はとてもリアルで、現場に行くのにゴンドラに乗って100M位の高さを強風に吹かれながら400M移動したり、または地元のガイドさんが先導してその人の足跡に沿って歩かないと一気に崖下に落ちてしまうような現場にもいったそうです。現場まで行くのが、毎日命がけだったそうです。その後は、東海道新幹線の建築にも行かれていて ここでは、コンクリートでできたひとつ230Kgある枕木を四人で運び、並べていく仕事をされたそうです。とにかく、どの話も興味深くて気付けば2時間も経っていました。そのことに、ご老人も気付き、「そろそろ帰るは、」といって、来た時と同じように自転車で去っていきました。その後ろ姿を見ながら僕の頭の中で、中島みゆきさんの曲が当然のように流れていました。そして、僕は「楽しい時間だったなぁ?」とご老人に感謝しつつ寝袋に入りました。

ヤバ!忘れてた!
ここで寝たらお姉キャラにさせられちゃうんだった!
寝床探さなくちゃ!
スポンサーサイト
2005/04/28(木) 01:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。