田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
上には上!
まぁ?世の中、何にしても必ず上には上がいますね。僕も東京?鹿児島まで歩いて行くなんて、自分で「バカな事してるなぁ?」と思うんですけど、昨日の夕方 三重県の四日市の公園で「旅人ですか?」と爽やかに声を掛けてくださった方が、僕を遥かに上まわるとっても魅力的で素敵なバカな人でした。その人は「妙玄さん」と言うミュージシャンの方で、この方、なんとギター担いで日本全国を周り路上ライブをする旅をしていて、しかもママチャリで移動している所にバカの空気を感じてしまいました。更に、100万人に1人という若年性糖尿病という病を患っていて、一日二回インシュリンの注射を自分で射ちながら旅を続けているところに、僕にはないバカパワーを感じました。勿論、同じバカどうし意気投合しすぐに仲良くなり、昨晩は同じ公園で休みました。そして、今朝5:30に起床僕はもっとゆっくり寝てたかったのですが、この妙玄さんミュージシャンなのに「早寝早起き」が、もっとうらしく仕方なく僕も起きることにしまし、それからまた色々話始め妙玄さんのバカ伝説を沢山聞きました。
“妙玄さんのバカ伝説”
その1:地元徳島で365日路上ライブをやり、それが地元のTVに紹介される。その際、インタビューで「これが終わったら何をされるんですか?」の質問に特に考えてなかったため、ウッカリ「日本一周してきます」と言ってしまったため、地元に居られなくなり、仕方なく日本一周の旅に出る事になる。
その2:東京方面から名古屋に着いたところで、友達が富士山でバーベキューをやると連絡があり、2日かけてママチャリで富士山まで戻りバーベキューに参加。
その3:まだまだ日本全国まわるのに半分位しかまわって無いのに、すでに次の旅の具体的なプランを立ている。
など、とにかくどのエピソードも常に考え方が前向きで、あまり無駄な事は考えずにすぐ行動に移すところに本当関心させられました。そして、僕が感じた妙玄さんの魅力は歌を唄っている姿や、話をしている時や、ママチャリに「日本一周自転車の旅」と堂々と掲げている事などから、自分のやっている事に迷いのない自信を持っている所で、そこからくる誠実さや、明るさはとても好感が持てるものでした。他人から見たら何で?と思うような事に意味を見い出し、純粋に取り組んでいるバカな人は本当に尊敬できるなと思える素敵な出会いでした。050517_0603~01.jpg

スポンサーサイト
2005/05/17(火) 06:03:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。