田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
喝!
昨日、夕方より静岡駅の地下でネタをやろうと思って行ったのですが、始めての土地で果たして自分が受け入れてもらえるのか?と言う不安と、あまりの人の多さに完全にビビッテしまい 駅の回りをウロウロしていました。何度かネタをやろうと決意して地下に行くのですが、いざ 地下に行くと、“ネタをやろうとする”→“人が全然止まってくれない”→“少ない人の前でやる”→“スベる”→“最後までみてもらえない”のマイナス連想ゲームが始まり、“結局地下から離れる”を繰り返していました。その結果、静岡駅でネタをやるのを諦め次の目的地に
向かうことにしました。そして、歩いているうちに この旅でお世話になった人や応援してくださっている人のことを考えていたら、段々自分が情けなくなってきて「これでいいのか?」の思いが強くなっていきました。そして、ひとまず近くの公園で色々考えた結果、明日もう一度駅に行って一回でいいからネタをやることに決めました。
やがて朝になり昨日思っていたマイナスの連想ゲームと今だ戦いながら荷物をまとめていると、一人のおとうさんが「旅ですか?」と声をかけて下さいました。僕は心の中が不安で一杯だったので、それを忘れたくてそのお父さんと話し始めました。すると、そのお父さんが「私もサラリーマンを長くやっていて、色々な人達を見てきたけど出世する奴は、どんなに追い込まれても絶対に逃げないね!」と云われ、更に「なんでも、最初から全員に受け入れられようと思っても無理だね。最初は少しでもそれを根気よく続けて頑張っていると、それを絶対見ていてくれる人がいて応援してくれるんだよ!」と、昨日の僕を見ていたかのような話をして下さったので僕は“ドキッ!”とすると 供に鳥肌が立ちました。昨日、僕は完全にビビッテ逃げ出そうとし、今日だって不安だったので また、逃げ出したかもしれません。そんなダメな僕にこのお父さんは“喝!”を入れてくれました。お陰で何かがフッキレたような気がしました。これだけでも大感謝なのに、なんと三千円も旅資金を協力して頂き朝ご飯までご馳走になってしまいました。その後、駅に向かいネタをやりましたが、昨日みたいに駅周辺をウロウロすることなく、すぐにネタを始め、合計¥5051も協力して頂きました。
何か一つ自信が付いた気がします。本当にありがとうございました。
050430_0930~01.jpg

スポンサーサイト
2005/04/30(土) 09:30:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。