田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
将来の目標
今日は午前中呉駅側にある“大和ミュージアム”(第二次大戦で活躍し沈没した戦艦大和の記念館)に行ってきました。
「流石広島だなぁ?」と思うのが、展示してある大和乗組員の写真を見て見学者の方が「いたいた、?だ!」と、知り合いを発見している事に「え?!知り合いが展示写真の中にいるの?!ヤッパ広島スゲェ?」と、お話しでしか戦争の事を聞いたことのない僕は改めて本当に広島で戦争があった事を実感しました。
そして、夕方から呉駅前でネタをやろうと向かっていたときに、途中で後ろから「にぃ?ちゃん、東京から歩いて来たんか?」と写真の隅田さんと言う海上自衛隊の方に話し掛けてもらいました。僕が“お笑いで路上ライブをやりながら旅をしている”ことを言うと、隅田さんは海上自衛隊員らしく、とっても力強くハキハキした喋り方で、仕事がら全国色々な所に行かれる事が多く、その時見た各地で頑張っている路上ミュージシャンの話しをして下さりながら、呉の駅まで案内してくれました。
駅に着いてもしばらく「頑張って歌ってる姿が俺好きなんだよ!」と、路上で頑張っている人達が大好きらしく、路上ミュージシャンに対する隅田さん流の適切な持論も聞かせて下さり、「とにかく俺はこれから用事があって見れないけど、君いい声してるから売れるかもな。覚えとくからビッグになれるように頑張れよ!」と、嬉しいことを言って下さり、僕は「声だけは誉められるんですけどね!」と答えると、「頑張ってればいいことあるから!」と応援して下さいました。さらに隅田さんは、最後に「この旅でいっぱい吸収していい歌作くれよ!」と励ましてくださったので、僕も元気よく「はい!頑張っていい歌作りま・・・・」

“えっ?”

“いい歌?”

“あれ?確か僕最初にネタをやりながら旅をしるって言ったと思うんですけど?”

「いつか、テレビで観れるの楽しみにしてるからな!それと、歌がダメでも海上自衛隊ならいつでも入れるぞ27才までだったらな!」

“えっ!それも既に僕は・・・・”

「じゃーな!」

“どうしよう。隅田さんの中の僕は実際の僕と全然違うものに育ってる!そうか!だから路上ミュージシャンの話しをこんなに沢山してくれていたのか!ってことは僕が“路上ミュージシャンに対する持論”だと思って聞いてた話しは、僕へのアドバイスってことか!ヤバイ!でも、今更言って恥じかかすのも悪いし!どうしよ??”
と、悩んでいるうちに隅田さんは風のように自転車で去って行かれてしまいました。」
完全にやってしまいました。ちゃんと訂正する勇気がなかったばっかりに、隅田さんの中に“路上ミュージシャン田代32”を誕生させてしまいました!
“こうなったら、もうしょうがないので頑張ってお笑い芸人として売れて、それから歌出すしかないか!”
と、隅田さんの中の僕を修正するためにも“絶対売れなければ”と決意し、更に売れてからの新しい目標をひょんな事から持たせてもらいました。050623_1715~01.jpg

スポンサーサイト
2005/06/23(木) 20:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。