田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
この奇跡は絶対恋の始まりだろ!
山口県はこの所連日の大雨で今日も“バケツを引っくり返したような雨”どころか“プールを引っくり返した様な大雨”で電車もバスも止まり交通機関は完全に麻痺してました。
そんな中、“原発反対運動の打ち合わせ”に参加し寄り道をしてしまった分を取り戻すために、再び徳山駅から防府駅を目指して再出発しました。
途中、ラーメン屋さんの看板ではよく見たけど、道路標識には初めての“九州”の文字を発見!「俺!スゲェ?!遂にこんなとこまで歩いて来た?!」と大興奮で写真を撮りテンションもバリ上がりでズブ濡れになりながらも楽しく歩いていました。
すると、やっぱり頑張ってると必ず素敵な出会いをプレゼントしてくれる体育会系の神様(四国で楽歩隊の哲也さんにプレゼントしてもらった“てんつくマン”の自伝に偶然同じようなことが書いてあり、てんつくマンは“安永さん”と呼んでいることから、僕が学生時代大変お世話になった体育の先生のアダ名から僕は“ジャバ”と呼ぶことにしました。)が、疲れてクタクタになった僕に元気を与えてくれる、またまた“ 素敵な偶然の出会い”というより“奇跡の偶然の再会”をプレゼントしてくれました。
それは、福山でネタを見てくれご飯までご馳走してくれ仲良くなった女の子(福山駅での写真の右の子)からメールがあり、何と!何と!“今日仕事で防府に来ている”というメールがきました!
「何じゃこの奇跡の偶然わ!こんな事ってあるの!こんなの絶対特別な二人にしか訪れない偶然だよ!“ジャバ”から彼女のプレゼントだ!ありがとう“ジャバ”!」
と、テンションMAXで僕の新しい彼女に一刻でも早く会うために、競歩の選手バリの速さで防府駅を目指しました。
そして、夕方防府駅に到着!早速、僕の新しい彼女になる予定の“くみちゃん”に未来の彼氏の到着を知らせると、これまた奇跡!丁度休憩時間で“今すぐ会いにいきます”のメールが!そして、遂に奇跡の偶然の再会を果たしました。
勿論、僕だけじゃなくくみちゃんもこの再会に大興奮で、お互い“信じられない!”の言葉を連発し、特別な存在である事を認め合いました。
そして、再会すること5分くみちゃんから信じられない言葉が!

「私、そろそろ休憩時間終わりなんで、仕事に戻らないと。田代さんに、また会えてよかった!気を付けて旅続けて下さいね!じゃ?ね?バイバイ!」

「うん、バイバ・・・・」

「えっ!」

「もしかして?解散?」

“ポツ?????ン”

「あれ?ジャバさん何の発展もなかったんですけど?どういうこと?一体この“奇跡的な偶然”には何の意味が?さてはイタズラか?」

と、結局“奇跡の偶然の再会”はどうやらモテない歴豊富な僕の勘違いで、単なる“再会”でした。ただ幾つもの偶然が重なって、再会したことは事実で“偶然とは何か!”を考えさせられる、とっても貴重な再会でした。
050703_1659~01.jpg

スポンサーサイト
2005/07/03(日) 19:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。