田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
地獄に仏
只今、神奈川県の小田原からおよそ5Kmほど手前の国府津というところまできました。今日は、朝からず?と雨が降っていて移動するべきか?ジッとしているべきか?悩んだ結果、ジッとしていると寒くて死にそうになるので移動することにしましたが、この判断が大きな判断ミスで 雨の中の移動は予想以上にきつく、あっという間に体力を奪われ、途中雨をしのげる場所を見つけて休憩をしていても、体がズブ濡れのため寒くてジッとしてられず、とにかく疲れていようが、なんであろうが、歩くしかない状況になってしまいました。
そして、夜になり歩くことも限界になったので今日の野宿する場所を探しましたが、なかなか見つからず途方にくれ歩いていた時、「某宗教団体の教会」の文字が目に止まりました。「もしかして、ここなら雨だけでもしのげる場所を貸してくれるかも」と、「今まで宗教信など一度も持ったこともないし、この某宗教団体事態どういうものなのか判らない
し、必要な入信の誘いや修行の誘い、なによりここから出られなくなったらどうしよう。」など様々な不安があったが、少しでも休みたいのと「困った時だけの神頼み」という最底の考えで、ダメ元で頼んでみることにしました。すると、なんと心良く受け入れてくれたのでした。しかも、災害などがあった時に近所の方々に炊き出しが出来るようにと皆で造ったという、とても素人が造ったとは思えない立派な峠のお茶屋風の素敵な部屋まで提供して頂き、更に何も今日口にしてなかった僕にカレーライスまで用意してくれました。更に驚いたのがここのお宅この少子化の時代になんと11人兄弟という大家族で、子供達が次から次から出てくる出てくる、今までテレビでしか見たことのないドタバタぶりを生で体験することができました。その後、シャワーを浴びさせてもらい「疲れたでしょう。ここでゆっくり休みな。」のお言葉に甘え、さきほどの部屋で休ませて貰うことにしました。どうやらこちらの「某宗教団体の教会」では、国道に面していることもありたまに僕のような人が突然訪れて来ることがあるらしく、この教会では教えを忠実に実施するためそういった人達を拒むことなく受け入れているそうです。宗教のことに関しては、無学なので良く分かりませんが、こちらのご家族の方の心の広さと気配りと、人を思う心に「本当すげぇ?なぁ?」と、思いました。ただご主人のダジャレ攻撃を除いては、、、
スポンサーサイト
2005/04/20(水) 23:15:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。