田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
旅の魅力!
この旅では出会いの神様“ジャバ”によって本当に何回も何回も、とてつもない偶然の出会いがあり沢山の方と知り合いうことができました。
この偶然の出会いには沢山の魅力があり、“誰も知り合いのいない土地に仲間ができること”や“色々なお話しを聞けること”や“人の優しさを感じられること”など、他にも沢山あるのですが、僕の好きな“旅の魅力”の一つが“旅が急変すること”です。そして、今日も“しょうへい君(写真の真ん中)と服部君(写真の右)”の二人と出会うことができて、一気に旅が急変し、とっ?????ても!楽しいことになりました。

昨日の夜、缶ジュースを買ってしまったため、まんが喫茶に泊まることができずに博多の町をウロウロしていましたが、結局野宿できる場所を見付けることができず、雨の上がった朝方やっと誰もいない公園を見付け少しだけ眠ることができましたが、ここのところ連日の寝不足で心身供に相当疲れていて、歩くのも嫌になっていました。こういう精神状態になってくると最悪で、そんな筈はないのに町を行く人々の景色が急に冷たく感じ勝手に“強烈な孤独感”に襲われてしまいます。しかし、この旅では何回もこの“強烈な孤独感”を経験していて、この状況を変えるには“路上でネタをやるしかない!”事も分かっているので、ネタをやるため博多の町をネタのできそうな場所を探しながらトボトボ歩き、偶然天神駅側の警固公園に辿り着きました。すると、そこにFM放送の公開スタジオがあり女性のDJの方が一人で一生懸命喋っているのですが、公園にいる沢山の人々は誰一人聞いている様子がなく、DJを完全無視をしているかのように、各々が楽しそうに話したり、ふざけたりしていました。その状況が何と無く僕の今の状況と似ているような気がして“この孤独感の中どんな風に、何を話しているんだろう?”と興味が湧き、座って聞いてみることにしました。
この僕の何気無い偶然の行動の前に現れたのが“ジャバ”からの素敵なプレゼントで僕を“孤独感”から救ってくれた“しょうへい君”と、直ぐ後に現れた“服部君”でした。
彼等は“ベンチャースクールAPRO”で楽しい仲間達といつの日か企業を起こすために勉強をしていて、警固公園側の“ロザリアンカフェ”で働きながら頑張っている凄いテンションの高い熱い二人で、僕が“歩き旅”をしている事を話すと“スゲェ?!スゲェ?!”を連発し、こっちが恥ずかしくなるくらい感心してくれました。そして、“僕等、人集めますからネタやりましょうよ!”と自分達の仕事そっちのけで人集めをしてくれ、沢山の人を集めてくれました。更に、ネタが終わった後も次々に公園にいた彼等の仲間を紹介してくれ、さっきまで“一人ぼっち”だったのが嘘のように沢山の仲間ができ、写真左のしょうた君(総合格闘技シュートのアマチア九州チャンピオン)とも知り合うことができました。
そして、今夜は彼等の通うAPROの事務所に泊めてもらう事になったので、これから彼等との熱いトークを楽しみたいと思います。
最悪の状況が一転し凄い楽しい“たまんねぇ?!出会い”をしてくれた二人に本当感謝です!
そして、これが旅の魅力です!

あっ!そういえば!DJのオネェ?さん結局一人ぼっちにしちゃってごめんなさい!でも、あなたの一生懸命なトークをキッカケに沢山の人と出会えました。オネェ?さんにも感謝です!
050711_1945~01.jpg

050711_2315~01.jpg

スポンサーサイト
2005/07/11(月) 20:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。