田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
この家の子になりたい!
今日は、阿久根町から川内市を目指し朝9時に出発しました。
途中、阿久根の“道の駅”があり休憩すると、この“道の駅”が海ぞいで、とっても素晴らしい場所にあり、ここから見える景色がとってもよく、特に鹿児島の海の美しさには本当に驚かせられました。
あまりの景色のよさに予定より長く休憩してしまいましたが、夕方無事川内市に入ることができました。
そして、川内市に入って一軒目のローソンにより「今日も頑張って歩いた自分へのご褒美」と言うより、途中からは、完全にこの旅の目的の一つになった

“ガリガリくんの当たりを出し、もう一本もらう!”

を達成するために、ガリガリくんを買いました。
静岡県からこの目標を持ちはじめ、今日までほとんど毎日のように一日一本づつ食べ続けてきましたが、全く当たることがなく、僕の中では「本当は当たりなんか入ってないんじゃないか?」と思うくらい、当たりがでませんでした。
それが、遂に!ここ鹿児島、最後の県で、やっと“当たり”を出すことが出来ました!
あまりの嬉しさに、この喜びを誰かに伝えたくなり、偶然通った地元の中学生に「当たった!当たったよ!」と、当たりの棒を握りしめながら、自慢すると、あまりの突然の出来事にビックリしていた中学生達でしたが、もの凄い戸惑った表情をしながらも
「お・お・お・おめでとうございます。」と、嬉しい一言を言ってくれました。
その後、当たった感激を一生忘れたくなかったので、当たり棒を大切にカバンの中にしまい、交換すること無くローソンを後にしました。
そして、午後9時今日の夜一晩お世話になる堀之内さんのお宅に到着しました。
何故?この堀之内さんのお宅に泊めて貰える事になったのかと言うと、こちらのご夫婦(写真のお二人)は道中偶然に出会い“てんつくマン”や“元気の種”の皆さんと出会わせてくれ、僕の旅を大きく変えてくれた“楽歩隊”の一人哲也さんの、お父さんとお母さんで、哲也さんが僕のためにワザワザご両親に連絡をとってくれ、泊めてもらえることになりました。
そして、突然お邪魔したにも関わらず、哲也さんのご両親が本当に親切にして下さり、沢山の鹿児島郷土料理をご馳走して下さり、更に、本当に嬉しいフカフカのお布団まで用意して頂きました。

哲也さんは、初めて会って初対面のため、まだ閉ざしている人の心を自然に開き入ってくることの出来る、不思議な空気を持っていたのですが、流石!親子で、お父さんとお母さんも全く同じ空気を持ってらして、まるで実家に居るようにノンビリとさせてもらい、沢山の楽しいお話しをし本当に素敵な時間を過ごさせてもらいました。

これでまた、鹿児島にも長男が僕より10歳も若い、僕の実家ができました。
そんな出会いをして下さった、哲也さんとご両親に心から感謝です!
050728_1231~01.jpg

050728_1854~01.jpg

050728_2305~01.jpg

スポンサーサイト
2005/07/28(木) 23:59:36| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。