田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
鹿児島のいいところ
今日は朝6時に起き、哲也さんのお父さんに近くの温泉に連れて行ってもらい、朝風呂にお父さんと一緒に入ってきました。
この温泉が本当に目が覚めるような熱さで、熱いお風呂が好きな僕も、なかなか入ることができず、もしここにダチョウ倶楽部さんがいたら確実にあの熱湯名人芸を楽しめるくらいの熱さでした。
そして、お家に戻り朝御飯をご馳走になり、午前9時心も体も完全復活させて頂いた、哲也さんのご両親にしばしの別れを告げ、帰りにまた寄らせてもらうことを約束し、鹿児島の僕の実家を出発しました。
途中、また鹿児島の綺麗な海に目を奪われ、海を見ながら休憩を取りつつ、今日は目的地も決めずノンビリ歩いていました。
しかし、ノンビリ歩いているにも関わらず、この鹿児島の熱さは半端なく体にキツク、本当に陽射しが肌に突き刺さるように痛くて、体力を相当奪われ一人“あち?いよ!”を連発しながら歩いていました。
すると、そんなだらしない僕の姿を見てか、途中 八百屋さんのお父さんが
“バナナでも持ってけ!”

と、バナナの差し入れを下さったり、神村学園という学校の前を通った時は、僕が歩いて来た西日本の何処の県でも共通している“元気でいつもテンションの高い女子高生軍団”が居て「すげぇ?!頑張って!」と、応援してもらい元気をわけてもらいました。

鹿児島に入ってから凄く思うのが、鹿児島と他の県とは大きな違いがあり、それは、言葉が急に全く解らなくなったのと、もう一つ、僕が旅をしている事に気付く気付かない関係なしに、ほとんどの方が(田舎道ばかりで、そんなに沢山の人とすれちがった訳ではないですが)「こんにちは!」とちゃんと挨拶して下さることに驚きました。
これは、防犯のためもあるのかもしれませんが“この県の人達はどんな人達なんだろう?”と不安になっている、旅人にとっては“何かいい人が一杯いそうだ”と凄く安心感と期待をを持たせてくれる、とっても嬉しい行為で、他県ではあまり見られない、鹿児島のいい所の一つだと思いました。
そして、沢山の方に声を掛けて頂き元気をもらって、夕方25KMほど歩いた“市来”という町に着き、公園を見つけたので今日はここで野宿をすることにしました。

さぁ?明日はいよいよ鹿児島市内に到着します。
いよいよこれが最後の大きな町になり、その後はひたすらゴールの佐多岬を目指すだけになります。
本当に後少し、頑張るぞ?!
050729_1449~01.jpg

スポンサーサイト
2005/07/29(金) 19:00:00| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。