田代32の旅日記
2005.4.15 「西日本路上ライブを繰り広げ、路上ライブで集まった資金のみで歩いて熊本に馬刺を食いにいき、鹿児島県の最南端佐多岬を目指す!と旅立ていった…そんな本人の旅日記!」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
完全勝利
着いた??????!遂に、東京を出発してから107日目、やっとこさ、この旅最後の大きな町鹿児島中央駅に到着しました。
本当に長かったよ?!&キツかったよ?!&頑張ったよ?!
なにしろ、今日はこの107日間の中で三本の指に入るくらい本当に大変な一日で、鹿児島市内入りを阻むかのように、様々な敵に襲われました。
でも、途中何度もくじけそうになりながらも、最後まで諦めずに頑張って歩いたので、その分“ジャバ”も本当にいい仕事をしてくれ、ゴールの鹿児島市内で、またまた素敵な出会いがありました!
まず、最初の敵が、明け方降りだしたもの凄い雨でした。幸いにも屋根の着いたベンチで寝ていたため、濡れずにすんだのですが、その後、風も加わり屋根があることなど関係なくなるくらいの、横殴りの雨になり、仕方なく急遽荷物をビニールで包み眠い目を擦りながら出発することにしました。
出発すると直ぐに、さっきまでの横殴りの雨が嘘のように上がったのですが、次に直ぐ新しい敵が襲ってきて、それは30分程歩いたところでの突然嘔吐で、おそらく昨日の暑さと今日の寝不足からだと思うのですが、この旅初めての嘔吐に“びっくり”してしまいました。
そして、まだまだ敵は増え、昼過ぎ伊集院町という町を歩いていた時に、町内放送が流れ「只今、鹿児島県地方に大雨・洪水・雷 警報が発令されました!町民の皆さんは外出をしないようにして下さい!」

と“外出しっぱなしの僕はどうしたらよいのか?”質問したくなる放送が流れ、その直後、今まで体験したことのないような、大粒で一粒一粒が重たい、凄い量の雨が降りだしました。
この時点で、僕の心を折るには充分な敵の数で、実際半分くらいは「今日はもういいか!」と思っていました。しかし、この大雨の中、まだ諦めず歩き続けていた僕に、更に更に容赦なく敵は増え続け、静岡県から1000KM以上、僕の重い荷物を運んでくれた“二代目のキャスター”が遂に根本から完全に折れてしまいました。
これで、完全に動くことが出来なくなりましたが、ここまで来ると僕もムキになっていて
“絶対歩いてやる”

と思っていて、強引に折れた部分をガムテでグルグル巻きにし、歩き続けました。
すると、遂に数々の敵を送り込んできた奴らも諦めたらしく、雨も上がり、遂に僕の完全勝利となりました。

そして、夜の8時無事、鹿児島中央駅に到着し、数々の敵に勝利した僕にとっても素晴らしいご褒美が待ってました。
それは、この旅を最初からず?と見守って下さっている大先輩の“コント山口君と竹田君”の山口さんが紹介して下さった、JR九州で働かれている上久保さんが、晩御飯をご馳走してくださり

何と!何と!何と!

今晩泊まるホテルまで用意して下さいました。
更に、上久保さんと別れた後に、今日市内で偶然出会った“成田さん”から連絡があり、“友達と飲んでるから来ませんか?”と誘って頂き、写真の成田さんのお友達と夜中まで、楽しい時間を過ごすことができました。

この旅では、何回も経験してきましたが、やっぱり今日も

“大変な事はず?と続く訳ではなく、その先には必ずいい事が待っている”
と再確認させてもらえる一日でした。
そして、頑張れば“ジャバ”が絶対いい仕事をしてくれることも、再確認できました。
050730_1936~01.jpg

050731_0042~01.jpg

スポンサーサイト
2005/07/30(土) 23:59:15| 田代32画像旅日記| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。